Japanese Insights

再生可能エネルギーの未来

新型コロナによる世界的なパンデミックによって、各国が社会的そして経済的に非常に深刻な悪影響を受ける中、「炭素排出量の減少」と「大気汚染の緩和」は、数少ない良い変化と言えるでしょう。しかし、その一方で、イェール大学の研究によると、アメリカをはじめ各国の資金が急減しているため、最先端のクリーンエネルギーの先行きは必ずしも明るくないように思えるかもしれません。
私たちエキスパートコネクトアジアは、クリーンで環境的に持続可能なビジネスには多くの可能性があると信じています。今回、同分野の有識者であるENGIE Factory Asia Pacificのベンチャービルド担当ヴァイスプレジデントであるマリー・チョン氏に詳しいお話を伺いました。