新型コロナ: ニューノーマル

新型コロナによって、あらゆる産業が大きな変革を迫られています。日々、多くの
メディア で新型コロナ関連の情報が溢れており、にわかにオンラインセミナーが
活況を呈していますが、これらは「新型コロナ禍における目下のビジネス 」 に殆んどが焦点 を当てており、「 そ の後 」 に何が起きるか、 またその変化にどのように 準備 していくかに関しては殆んど 触れら れてい ません 。 今後の世界が、ポストコロナになるのか、それとも With コロナになるのか、 どちらにしても、全て元通りにはならない見込みの中、現在の状況と今後に関して、弊社の エグゼクティブ エキスパートの一人で、 NTUitive*の暫定 CEO であるアレックス・リン 氏 に お 話を伺 いました 。

*南洋工科大学内イノベーション機関。ス タートアップ支援・大学発の技術商用化等をリード している

ニューノーマル

製造業、クラウドコンピューティング、人工知能の分野における IoT( モノのインターネッ ト ) は飛躍的な進歩を遂げており、ここ数年 、政府やエコノミスト は「 第4 次 産業革命 ( イン ダストリー 4.0) 」を専ら話題にしていました 。こういった変化が本格化するのは 5 年は先と考えられていましたが、新型コロナの 世界的なパンデミックにより、今や 来年中にも実現可能なものへと変革が加速してい ます 。

同氏は、「ニューノーマル」は多くのエコノミストが既に予測をしていた「インダストリー4.0」がもたらす変化と非常によく似ている一方で、幾つかの重要な違いがあるとしています。

  • 「持続可能性(サステナビリティ)」がより焦点となる
  • 「搾取的な働き方」を変えようという意識が高まる
  • 習慣の変化により消費者の行動に非常に大きな変化が起きる
大規模失業、人員削減やデジタル化の加速で、「消滅する仕事」も発生するだろう
例えば、石油・ガスに代表されるエネルギー産業では、我々消費者は、代替エネルギーや他の方法で使用量を減らすことに慣れていくため、従来のエネルギー消費が、新型コロナ前のレベルに戻ることは、まず無いと思われます。

また、旅行業界は、新型コロナによるパンデミックで顕在化した問題、例えば「ソーシャルディスタンス」等に対して適切に対応するための新しい法律や規制が導入されれば、今後、数年間にわたって深刻な影響を受ける可能性があります。と同時にプライバシーに関する議論も起こるでしょう。

不動産業界も大きな影響を受けます。多くの企業が「在宅勤務」とそれに伴うデジタル化を余儀なくされています。新型コロナ後に、全く同じワークスタイルに戻る見込みは極めて少ない。結果として「オフィス」や商業ビルの需要は減少。大きな打撃を受けるでしょう。

幅広い業界で間違い無く大規模な失業が発生しますが、企業は人員の削減とそれに伴うデジタル化を余儀なくされているため、どの業界でも職種によっては以前と同じ仕事が復活しないことが見込まれ、結果として、多くの失業者が取り残される可能性があります。

次には何が?

新型コロナ後の時代に備えるにあたり、注目すべき重要な分野が幾つかあります。
先ず何よりも「デジタル化」された社会に対応できるようスキルを高めること。業界を問わず、チームやプロジェクトの「リモート」マネジメントは非常に重要です。

特定業界で言えば、製造業では、IoTによって可能になった完全自動化工場や多くの機能で自動化が進むため、一部の仕事が無くなっていく一方で、新しい仕事が生まれます。こういった変化への適応は、全て私たち次第です。これはあらゆる業界に当てはまります。

例えば、不動産業界の打撃(商業・オフィス)は先に述べた通りですが、在宅勤務者が増える分、より大きな住宅スペースへの需要が高まる可能性が高く、そこから生まれる新しいビジネス機会もあるからです。
特に注目すべき新規産業と生じる変化を以下に幾つかあげます。

フードテック
●新型コロナで使われなくなったオフィススペースの都市農業への活用
●食品の準備から配送までのプロセスで生じる大きな変化

eコマース
●ネットショッピングは着実に成長を続けているが、今後より一層、基幹産業としての地位を固めるだろう
● 一方、改善の余地も多い。支払い、オンデマンドでのコントラクト・マニュファクチャリング(製造委託)、JIT物流、オペレーションの最適化、ラストワンマイル(商品の受け渡し接点)、バーチャルカスタマーサービス等の分野は、大いに改善の余地があり、すなわち大きなビジネスチャンスになる可能性を持っている

ヘルステック
●新型コロナのパンデミックにより、既存のヘルスケアシステムの不備が露呈した。病気の検出、予防、手頃な価格での治療の提供など、改善の余地は多い
●主だった医療機器や消耗品の製造および価格設定は数社が独占していることが明らかになり、それ以外の会社は3Dプリンティング等、他に活路を見出すこととなった
●現在、壊滅的な打撃を受けている「旅行」業界では新型コロナ後の旅行者に対する「信頼性が高く迅速な検査」が極めて重要である

新しいビジネスチャンスを掴むためには「兆候」を読む力が必要
以上のように、新型コロナ後の「ニューノーマル」時代に成功を望む全ての人が今までのビジネスモデルを真剣に再考し、変化に備え、適応することを学んでいく必要があります。新しいチャンスを逃さないためには、今後数カ月の事態の変化とそれに伴う「兆候」を素早く読みとり、社会・業界の傾向を注視していかなければなりません。
ExpertConnect Asiaは、東南アジアを中心に「各界専門家」ネットワークを組織化しています。それぞれの業界に精通した「C-Suite(CEOやCOO等の幹部経験者)」や経験豊かなオピニオンリーダーが、新型コロナ後のニューノーマル時代に生じる変化とビジネスチャンスに関して、アドバイスいたします。ご利用は1時間単位から可能です。

詳しくは、https://expertconnect.asia/generalenquiryjpからお気軽にお問合せ下さい
エキスパート: アレックス・リン
暫定CEO、NTUitive(南洋工科大学内イノベーション機関)
取材: ダルン・ジャナーサン
プロジェクトアソシエィト、エキスパートコネクトアジア
Expert Insights
Subscribe to our email newsletter for the latest insights
By subscribing, you agree to our privacy policy
Contact us:
ExpertConnect Asia
Division of BizConnect Pte. Ltd.

[email protected]
21 Heng Mui Keng Terrace, Singapore 119613